クレジットカード

複数のクレジットカードを使いこなして節約!ステータスカードも!

普段使わないクレジットカードも含めて20枚ほど持っています。そのうち7枚をそれぞれのメリットを生かした使い分けをしています。
クレジットカードは、メインとサブカードの2枚を使うのがおすすめと言われていることが多いですが、2枚以上のクレジットカードを使って、もう少し節約しつつ、ステータスカードも維持しています。

ポイント還元 1.5% エポスカード ゴールド

ポイント還元を目的としたカードでは、エポスカードを使っています。リボ払いにするとポイントが2倍になる、えらべるポイントショップを登録するとポイントが3倍になる、とポイントがたまりやすいカードです。リボ払いでも手数料を払わない方法を使ってこつこつポイントをためています。(2020年10月からはリボ払いによるポイント2倍の制度はなくなるようですが。。)さらに、年間100万円使うとボーナスポイントで10000ポイントが付きます。通常の使い方では0.5%の還元率であっても、100万円きっかりであればボーナスポイントをあわせて1.5%の還元率です。メインカードとして使ってポイントをためています。

 

税金支払い  0.5%還元 セプンカード・プラス

固定資産税、自動車税などをnanacoで支払っています。nanacoで支払ってもポイントはつきせんが、nanacoにチャージするときにクレジットカードを使ってポイントがつくようにしています。最近はnanacoチャージでポイントがつくクレジットカードでどんどん少なくなっていますが、セブンカード・プラスは0.5%のポイントが付きます。

イオン 5%割引 イオンカードセレクトゴールド

近所にイオンがあり、たまに買い物に行きます。定期的にクーポンが提供され、イオンカードを持っていると、食料品や日用品が5%引きで変えます。狙っていくことはあまりないですが、年会費無料のゴールドカードでもあるので持っています。イオンカードゴールでであれば、イオンラウンジで休憩できますしね。

ガソリン割引 1リットル2円割引 ENEOSカードS

近所にENEOSスタンドがあるため、ガソリンはENEOSカードSで支払っています。1リットル当たり2円引になるため、今のガソリン価格140円/Lくらいだと還元率1%よりはわずかですが特になります。ガソリンは1ヶ月に6000円くらいしか使いません。もっとガソリンを入れるのであれば、別の選択肢があるかもしれませんが、うちではENEOSカードSを選んでいます。

交通費Suicaオートチャージ 1.5%還元 BIC CAMERA ビューカード

Suicaのオートチャージ用にBIC CAMERA ビューカードを使い、1.5%のポイントをつけるようにしています。ビューカードの中でも年に1度使えば年会費無料になるため、ビューカードから選ぶとしたらBIC CAMERA ビューカードですね。
また、そんなに頻繁に買うわけではないですが、家電を買うときにもBIC CAMERA ビューカードを使っています。クレジットカードで支払うとビックカメラポイントが少し下がりますが、BIC CAMERA ビューカードであれば現金と同じポイントが付きます。

新幹線割引 JR東海エクスプレスカード

年に2回ほど新幹線で京都に行きます。JR東海エクスプレスカードでチケット買うと、東京-京都間の運賃が通常より安くなります。エクスプレス予約の年会費は1,100円ですが、4回乗れば十分もとを取れる金額です。そのため、新幹線用として年会費を払って保持しています。
定期的に新幹線に乗ることがなければ解約するでしょうね。

ステータスカード JCB THE CLASS ザ・クラス

JCBのブラックカードJCB THE CLASSを保持しています。年会費が50,000円(税抜)かかり、「節約」とは意図がはずれていますが、以下のメリットがあるので持っています。

JCBカードのキャンペーンの多さ

他のクレジットカードとくらべてキャンペーンが多い気がしています。TDL関連のキャンペーンもよくやっています。以前当選したことがあります。還元率としては確実ではありませんが、キャッシュバックキャンペーンなども当たったので、還元されていますね。

コンシェルジュデスク

ホテル、チケット手配など、秘書にお願いするように依頼できます。仕事中だと朝9時からチケット予約などはしにくい場合など、コンシェルジェデスクに依頼すると便利です。以前、あまり見かけないウィスキーを買える店を調べてもらったことがありましたが、Webで検索しても見つからなかったお店を紹介してもらえました。

メンバーズセレクション

年に1度カタログが送られてきます。約2万円くらいの商品、チケット、旅行チケットなどを選べます。年会費の半分くらいはこちらカバーできるので、実質年会費は35,000円くらいになります。

まとめ

ポイント還元だけではなく、組み合わせて使うことでポイント還元よりももう少し節約できています。生活環境によって最適はクレジットカードは変わります。自以下のような使い分けで少しでもお得になるように使い分けています。

  • ポイント還元カード 1%以上のカードを選ぶ エポスカード
  • 買い物 ポイント還元以上かつ年会費無料カード イオンカード
  • 税金支払い ポイント還元 セブンカード・プラス
  • ガソリン ポイント還元以上の年会費無料カード ENEOSカードS
  • 交通費Suica  ポイント還元+オートチャージ利便性 BIC CAMERAビューカード
  • 交通費新幹線 運賃割引+利便性 JR東海エクスプレスカード
  • ステータスカード 利便性+自己満足 JCB THA CLASS

 

-クレジットカード

© 2021 Chi Blog